• 教育方針

    川崎インターナショナルスクールのプログラムは基本的に2歳から9歳の子供たち向けに設けられており、語学、算数、体育、美術工 芸、実用科学、および社会科学を含んだ独自のスタイルの英語教育カリキュラムを採用しております。 また「学校レディネスプログラム」として、現在2歳の子供も受け入れております。 当園は英語教育をメインとした幼稚園ですが、それだけでなく、日本語の勉強も重要な情操教育の一貫として行い、お子様ご自身の母国の言語と文化に誇りを持てるように指導さ せていただきます。 その他当園では以下のようなプログラムを通し、お子様が様々な経験をできるよう務めています。

    curriculum-image
    curriculum-image
    curriculum-image
    curriculum-image
    curriculum-image
    curriculum-image

    読書プログラム

    日本では「若者の活字離れ」が叫ばれて久しいですが、読書を通じてさまざまな世界や思考・発想に触れる体験は子どもたちが豊かな価 値観を育むためには必要不可欠です。 当園ではみんなで図書館に行く日や読書サークルを設け、子どもたちが自然と本を手に取ることのできる環境を構築しています。

    体育プログラム

    「健全な精神は健全な肉体に宿る」という考えがありますが、幼い子どもたち(そして、そのまだまだ発達段階にある肉体)にとっても 体を動かす習慣はとても重要です。 体育カリキュラムの一部として、野外で遊ぶのは勿論、他にも定期的に近い公園までピクニックに行ったりします。

    水泳プログラム

    現在川崎インターナショナルスクールでは体育カリキュラムの一部として、週一回みんなで屋内プール(川崎ティップネス)へ行き、レ クリエーションを行っています。 全身運動としての水泳で心身の発達を刺激するのは勿論、早くから水に親しむという意味でも定期的なプールでする水を使った遊びには大きな意味があります。 なお、当プログラムのプール利用料は月々の保育料に含まれていますので、別に料金がかかることもありません。

    リトミック

    小さいうちに音楽に慣れ親しみ、豊かなセンスや感受性・創造性を育むためのカリキュラムとして、当園ではスイス発の音楽教育法「リ トミック」を取り入れています。リトミックは、スイスの作曲家・音楽教育家エミール・ジャック・ダルクローズによって考え出された音 楽教育法です。音楽やリズムを(聞き)(身体で感じ)(動作)することによって全身で音楽的要素を理解し「感受性/創造力/表現力/ 即時反応力/注意力/集中力/記憶力/思考力」などを養います。川崎インターナショナルスクールでは週に一度、川崎市のリトミック教 室「ふり~だむりとみっく」より先生をお招きし、様々な音楽を使ったレクリエーションを行って頂いています。

    ゲストスピーカー

    様々な文化に触れることが子どもたちの精神を豊かにすると私どもは考えております。そしてそれには実際にその文化圏の人と交流する ことが一番の近道です。不定期なイベントではありますが、お子様の国際文化への理解を促進するために、様々な外国人ゲストスピーカー を招待し、異文化交流の場を設けています。

    ECVプログラム

    ECVプログラムは、川崎インターナショナルスクール独特の個性を育てるプログラムです。スピーチをしたり、合奏や演劇に参加した り、絵や工作を発表したりすることを通じ、自分を表現することの楽しさと素晴らしさを知ってもらいます。ECVへの参加によりお子様 は自身の能力に強い自信をもって成長していくことでしょう。

    上記以外にも博物館や動物園、および工場への遠足と社会見学があり、これらの経験は子どもたちに科学や自然をより身近に感じさせ、 座学では学べないことを得る機会になるでしょう。 また、美術工芸もカリキュラムの重要な部分です。
    お子様の想像力や創造性の基礎を構築する上で図画工作は重要な役割を果たすと私たちは信じております。
    また、保護者の皆様におかれましては、ご自身のお子様が当園で日々どう過ごしているか、気になることと存じます。 子どもたちの様子やカリキュラムの進行状況については、定期的に学期に一度開かれる保護者会がの場で他の保護者の方や当園のスタッフと直接お話しして頂けます。 また、各学期終了時には学期進捗通知表もご家庭に送付させて頂きます。
    その他にもカリキュラムや日々の活動について気になる点やご質問がございましたら、お気軽にお尋ねください。

ページトップへ戻る